教科指導したいだけならその辺の参考書のほうがよっぽどいい働きしますし、勉強教えるだけなら別にぼくでなくてもいいですからね。自分で学んで経験したことを通じて、生徒に学びの実践を示してあげることに意味があると思っています。

でも、そのためには日々教養や知性を磨き続けなければいけません。

薄っぺらい大人はこどもに見抜かれる。







まあ結局は一長一短という話でございまして・・・なにをとって何を捨てるかの世界なのです。

ぼくがゆずれないのは塾は「人」で決まるというその一点。

よって自分が講師でなければこの仕事をする意味がないとすら思ってます。

よほどパートナーになれるような人がいれば別ですが、超ド級の出会いがないうちはひとりでやってるでしょうね。

201808021

201808022

こんなのも買ってみました。興味深い世界です。

というか高かったからちゃんと読まねば・・・笑
スポンサードリンク