image
image
image
image
image
image
image
image
image
image


わりと前からなのですが、実は環境植物が好きです。花ではなく観葉植物。塾内にもたくさん置いてあります。


まず、緑が鮮やか。塾自体は白の壁紙やブラウンの机など落ち着いた内装になっているのですが、そこにきれいなグリーンの差し色が入ると、一気に塾全体が明るく感じます。青や黄色もいい色です。でもなんというか、グリーンだからこそ気持ちが落ち着くと言いますか、そんな気がするのです。色彩効果とか関係あるのでしょうか。


また、日頃から水をあげるたり枯れた葉を摘むなど手入れの過程で、成長を感じることができるのも好きです。品種ごとに成長する時期は違いますし、同じ品種でも個体ごとに枝葉の伸び方も違う。同じ環境で育っているはずなのに、何が原因なのか、よく育つものもあれば成長がゆっくりなものもある。


そして花と違って長いものは数年単位でずっと成長し続けてくれますので、当然ながらひとつひとつに愛着も湧いていきます。本格的に観葉植物を集めだしたのは卒業生がプレゼントしてくれたゴムの木がきっかけで、もう3年くらい前のことになりますか。


それより前もいくつか買ったりしてたのですが、まめに手入れすることもなくすぐ枯らしてしまったんですよね。けっこういいお値段したやつを数鉢・・・今思えばもったいないことをしました。まあこれも勉強ですね。現在はしっかりお手入れ、といっても水上げて枯れた葉の手入れをして日当たり考えて寒すぎない暑すぎないようにしてくらいですが、どの子もよく育ってくれています。


なんとなくですが、自分のむすめの世話をするような感覚で向き合っていますね。末永く、どれも元気に育って欲しいです。もちろんむすめも笑

スポンサードリンク